健康や身だしなみ、お金のこと、英語の勉強についての情報発信ブログ

40代ライフスタイルブログ

英語でジョークを書いてみた!「サルと家族」編

2021年1月19日

ジョークを英語で書くことで「英作文能力」と「ボギャブラリー」を増やしていこうという自習的な企画シリーズです。

誰かに聞いたり本やメディア、書籍で知って「おもしろい!」と思ったジョークを英語で書いていきます。

今回は「サルと家族」のジョークは学生の頃にクラスメートに聞いて爆笑したもの。

しかも後日に海外からの留学生に英語に訳して話したら、同じように爆笑してくれました。

なのできっと世界的に通じるジョークだと思いますよ。

英語と日本語、最後に語彙をまとめておくので、よければネタの一つに加えてみてください。





「サルと家族」のジョーク小話

There was a family, which were father, mother, baby, and pet monkey.

(ある家族がいた。お父さんとお母さん、赤ちゃん、ペットのサルだった)

Monkey had an incredible ability to listen human language and understand what they talked about.

(サルは信じられない能力をもっていて、人の言葉を理解できた)

The monkey was not able to speak human language but he could use body language when he communicated with his family.

(ただサルは人間の言うことは理解できるのだけど、言葉は離せないので、家族とは身振り手振りでコミュニケーションをとっていたのだ)

One day they were planning to travel by car and doing so.

ある日のこと、家族は車で旅行に行くことになった。

Unfortunately, the car they're driving got accident and lost their lives except pet Monkey.

不幸なことに家族が乗った車は交通事故に遭ってしまい、ペットのサル以外は皆、亡くなってしまったのだ)

The police came to the accident scene and investigated how it happed.

警察が現場検証のためにやってきて、なぜ交通事故が起きたのかを調べることになった。

One policeman talked to the monkey because he was the only one survived in the accident.

一人の警官が生き残ったサルに事情聴取をすることになった。

" I'm sorry about your family. I know you're feeling"

「君の家族のことは残念だ。気持ちをお察しする」

monkey nodded.

サルはうんうんと頷いた。

"Now I have to listen about the accident, is it OK?"

「今から事故のことについて聞かないといけないが、大丈夫かい?」

monkey nodded again.

サルは再びうんうんと頷いた。

"Ok the first question....what was your mother doing just before the crash?"

「オッケー。では最初の質問にいこう。事故が起こる直前はお母さんは何をしてたんだい?」

Monkey put both hands together and closed his eyes to act like sleeping.

サルは両手を合わせて目を閉じ、眠るふりをした。

"I see. Your mother got sleep right?"

「なるほど。お母さんは寝てたんだね?」

Monkey nodded.

サルはうんうんと頷いた。

"OK..what the baby was doing then?"

「オーケー。じゃあ、赤ちゃんはどうしてたんだい?」

Monkey pretended to hold something with his both hands to act like drinking.

サルは両手に何かを持つフリをしてゴクゴクと飲む真似をした。

" Oh well, the baby was drinking milk. I see."

「なるほど。お乳を飲んでいたんだね」

Monkey nodded.

サルはうんうんと頷いた。

"Final question. what was your father doing just before the crash?"

じゃあ最後の質問だよ。事故の直前、お父さんはどうしていたんだい?」

Monkey pretended to hold something with his right hand and acted like drinking.

サルは右手で何かを持つフリをすると、酔っぱらう動きをした。

"Oh! your father drunk! I grab the reason why the car crash happned!"

なるほどね!お父さんは酔っぱらってたんだ。飲酒運転ということか。これで事故の原因は分かったぞ」

The policeman and the monkey nodded with each other.

警官とサルはお互いに頷きあった。

"Thank you for your cooperation about our investigation. I find the reason how your family lost. I know your hurt feeling, so please give us help if you need something, OK?"

「事情聴取へのご協力を感謝するよ。これでようやく君の家族の事故の原因を把握することができたよ。君の大変な状況は理解できるから、もし何か助けが必要になったら、いつでも連絡してくれ。分かったね?」

monkey nodded.

サルはうんうんと頷いた。

The policeman was getting away from the scene, but he seemed to notice something and came back to the monkey.

警官はその場を立ち去ろうとしたが、ふと何かに気づいたような顔になり、サルの元に戻ってきた。

"I forget one thing about the situation when the car crash happend. Is it ok asking you again?"

一つ聞き忘れていたことがあったよ。もう一度、聴いてもいいかい?」

Monkey nodded.

サルはうんうんと頷いた。

" What was you doing just before the crash happned?"

「事故の前に君は何をしてたんだい?」

The monkey nodded and pretended holding something big thing with his both hand and acting like circling.

サルは何か大きいものを両手でもつフリをして、円のように動かした。

"YOU DROVE !! "

「お前が運転してたんかい!!」

おあとが宜しいようで~

ボギャブラリー

文中に出てきた語彙の中で「これは大事かな」というのをチョイスしてみました。

incredible ability=信じられない能力

was not able to=~することができない、不可能だ

were planning to=~を計画していた

got accident=事故に遭う

investigated=調査した

nodded=頷いた

just before=直前に

put both hands together=両手を合わせて

pretended to=~のふりをした

cooperation=協力

まとめ

如何でしたか?笑ってもらえたでしょうか?

この話は学生時代のクラスメートが車で一緒に旅行に行くときに話してくれたものです。

元ネタは居酒屋で聴いた話だと言っていましたが、当時はこれを聞いて皆でゲラゲラ爆笑してたものですね。

その後も留学生や外国人の友人、職場の同僚や家族、友達に話してもほとんど皆笑ってくれるので、かなり使えるジョークだと思います。

ぜひ覚えてもらって皆さんの周りの人に試してみてくださいね。

もちろん外国人の友人や知人に英語で試してもらってもOKですよ(きっとウケるはず!)

ads


人気記事

-ジョーク英語
-

Copyright© 40代ライフスタイルブログ , 2021 All Rights Reserved.